autosecurityANG

あなたの愛車を車輌盗難から守るカーセキュリティー専門店
電話番号

タイトル

 

CANインベーダー・リレーアタック・コードグラバーなど車輌システムの弱点を悪用した盗難にご注意!

CANインベーダー・リレーアタック・コードグラバーは車輌盗難の手口として登場するワードです。最近の車両盗難は車のコンピューターにアクセスしたり、純正のスマートキーの通信システムを悪用したり、巧妙な手口であっという間に車を盗んでいきます。 このページではその手口に特化した対策ユニットをご紹介します。


キーレスブロック

KEYLESS BLOCK

メーカーサイト

特徴

    スマートキーでロック後スマートキーの電波を車両が受け付けなくなりスマートキーの電波を狙った盗難の手口をシャットアウトします。
    スマートキーが受け付けられないので疑似電波を出してドアを開けようとしても開けることができません。
    スマートキーのアンロックボタンで解錠、またはキーフォブと呼ばれる専用のリモコンを持ち歩くことで車のオーナーを認証しスマートキーを使えるようになります。
    ブルートゥースによるペアリングでも認証することができます。

 

  • CANなどの通信を使って制御するため適合情報をもとにモデルを選びます。
  • 適合不可の車両に関してはこのユニットの施工はできません。

 


IGLA

IGLA2

メーカーサイト

特徴

    エンジン始動後IGLA2が認証をはじめますが、認証が完了しなかった場合シフトチェンジをすると同時にエンジンを再始動できなくします。(車種により動作は異なります)
    認証はオーナーしか知らない車両のボタンを使い、オーナーのみ知る回数を押す、もしくは専用のキーフォブやスマートフォンでの認証も可能です。

 

  • CANなどの通信を使って制御するため適合情報をもとにモデルを選びます。
  • 適合不可の車両に関してはこのユニットの施工はできません。
  • カーセキュリティーとの併用はもちろん、単体での施工も可能です。
  • 当店ではキーフォブを使った認証をお勧めしています。

 


施工する車種の適合情報はメーカーサイトにてご確認ください。


キーレスブロック・IGLA2いずれかを施工した場合の価格です。

  • 車種により追加が発生することがあります。
  • 車種によっては取り付けができない場合があります。
  • お支払は現金またはカード払い(楽天/VISA/MASTERなど、1回でのお支払となります)その他当社提携信販会社での分割払いがご利用いただけます。
  • 詳しくはお問い合わせください。